1. 観る・歩く
  2. 土地と建物と人が、自由な空気を醸す街。

土地と建物と人が、自由な空気を醸す街。

杉並区内のJR中央線沿線(高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪)エリアを紹介する「中央線あるあるプロジェクト」。今シーズンのナビゲーターは杉並区在住10年のマシンガンズ・滝沢秀一さんです。7年前からゴミ清掃員としても区内を走っているという滝沢さんとのまち歩き、第2弾は西荻窪。駅周辺の馴染みの飲み屋街はもちろん、南へ、北へと、てくてく歩いて出会った西荻窪の個性あふれるスポットをご紹介します。

土地と建物と人が、自由な空気を醸す街。

マシンガンズ 滝沢 秀一さん
1976年生まれ。1998年お笑いコンビ・マシンガンズ結成。2013年より働き始めたゴミ清掃員としての日常がSNSで話題になり、2018年『このゴミは収集できません』(白夜書房)、2019年5月『ゴミ清掃員の日常』(講談社)、同年8月『ごみ育』(太田出版)を出版。

街を見守り、味を守り、愛され続ける店がある

 西荻窪は僕にとって、仲間とよく飲みに来る街。ゴミ収集のルートとしても通っていますが、しっかり歩いたのは初めてです。

 まず朝一で老舗喫茶店「それいゆ」のモーニング。ものを書く仕事が増えたので、落ち着いて長居できる純喫茶を探してたんです。「それいゆ」は初めて来た人も入りやすくて、居心地抜群。12時間かけて抽出するコーヒーの味の違いは、飲めばわかる!

 朝食を食べた後は「東京工芸大学杉並アニメーションミュージアム」まで足を延ばしてみました。ここはうちの子どもたちもお気に入りのスポット。西荻窪の駅から歩くにはちょうどいい距離だし、ゆったり過ごせるし家族でまた来たいなあ。

 駅へ戻る途中で創業約90年の「肉のニシジマ」でコロッケを買い食い。昔は向かいに映画館があったそう!街の変化を見守り続けてるんだなあ。三代目と四代目が一緒に働いているなんて将来安泰!西荻窪ってお肉屋さんが多い?手づくりハム・ソーセージ専門店「フランクフルト」も創業45周年の老舗。ひっきりなしに常連さんがお目当ての商品を買っていく様子を見ていたら、ホントいい店だなあと思いました。

独自のスタンスで自由に営む店の魅力

 元気な老舗が数多くある中で、ユニークな新しいお店がたくさんあるのも西荻の魅力ですよね。僕が気になっていたのは「BREWBOOKS」。西荻在住のオーナーが「本が好きでお酒も好きで」と始めたお店。「たまたまこの物件と出会って考えたスタイル」という2階の書斎は、イベントなどにスペース貸しもしているそう。お笑いでもゴミ関係でもない文学イベントとか、やってみたいなあ。

 日が傾いてきたので南口の柳小路へ。今日の目当ては立ち食いずし「にぎにぎ一」。いや〜うわさ通り本当に安くてうまい!おすすめ5貫を粋につまんで帰る。まさに江戸のファストフードですね。

 せっかくなのではしご酒。お洒落な雰囲気が気になっていた日本酒とおばんざいの店「梵」へ。コンクリート打ちっぱなしの店内はBGMもなく、コの字形のカウンターのみ。緊張感ある空間と、おでんのほっと和むおいしさのギャップに驚きました。「自由なスタイルを受け入れてくれる街」という女将の言葉が、まさに西荻の魅力を物語ってる。

 老舗の喫茶店もお肉屋さんも、新しいお店も、それぞれのスタンスで自由に楽しんで店作りをしている。跡を継ごうと覚悟を決めた思いや、新しく店を開こうと思ったきっかけ、この場所を選んだ理由、聞けば聞くほど、興味が深まりますね。知らない店に入って、そんな話を聞くのが、大好きなんです。今日聞いたそれぞれの物語が、いつか小説の中に出てくるかもしれないな。

西荻窪のイベント情報

すぎなみフェスタ2019

すぎなみフェスタ2019

楽しさ盛りだくさん! 10万人が訪れる複合イベント

すぎなみフェスタ実行委員会 実行委員長 佐藤慎祐さん

すぎなみフェスタ実行委員会
実行委員長 佐藤慎祐さん

 「すぎなみフェスタ」の前身は、2012年に開催された杉並区制80周年の記念イベントです。「人と人、地域と地域をつなぎ、杉並を元気に」を基本理念に、さまざまな団体と連携する複合イベントとして大きくなり、今年で7回目の開催となります。小さなお子様からご高齢の方まで皆様にご好評いただき、おかげさまで来場者数は10万人を超えました。

 メイン会場である桃井原っぱ公園では今年も「すぎなみパン祭り&スイーツフェア」、「杉並区農業祭」、「すぎなみ産業フェア」、「交流自治体物産展」が同時開催されます。広い原っぱに特設ステージが組まれ、ずらりと並ぶ出店が今年は約170団体。さらに今年5月に杉並区がイタリアビーチバレーボールチームの東京2020大会における事前キャンプ地として決定したことを受け、特別に「イタリアフェア」も開催します。区内のイタリア料理店のブースや、区内在住のオペラ歌手の方による青空オペラ、そしてイタリアチームへ届ける千羽鶴を折っていただくコーナーも設けますので、ぜひお立ち寄りください。

 「すぎなみフェスタ」がいかに盛りだくさんで楽しいかをお伝えするには、来て、見て、体感していただくのが1番。ご期待を裏切らない自信があります。区民の皆様はもちろんのこと、区外にお住まいの方にも足を運んでいただき、「人と人」「地域と地域」のつながりが、杉並区を越えて広がっていく交流の場になればうれしく思います。

すぎなみフェスタ2019
開催期間 2019年11月2日(土)〜3日(日)
開催場所 杉並区立桃井原っぱ公園ほか
主催 すぎなみフェスタ実行委員会
共催 杉並区教育委員会
問い合わせ 杉並区役所文化・交流課すぎなみフェスタ担当
TEL.03-3312-2111(代)

西荻窪&滝沢さんからプレゼントいただきました!

抽選で合計11名に当たる!

①手づくりハム・ソーセージ専門店 フランクフルト ウインナーとフランクフルトの詰め合わせ
風味豊かなフランクフルト(5本)とウインナー(500g)の詰め合わせ。歯ごたえの違いを楽しめます!粒マスタードサービス。

②マシンガンズ出演! 太田プロライブ月笑2019 ペアチケット
日時:12/9(月)19時開演 場所:イイノホール
出演:マシンガンズ他

西荻窪&滝沢さんからプレゼントいただきました!

応募方法
ハガキ ①希望商品番号②郵便番号・住所③氏名④年齢⑤性別⑥電話番号⑦上の地図で紹介した7つのお店の中で行ってみたいお店すべて⑧この紙面の感想を明記し、〒100-8502(住所不要)東京新聞広告二部「阿佐ヶ谷プレゼント」係まで
FAX ハガキと同じ必要事項をご記入の上、03-3502-7227 東京新聞広告二部「阿佐ヶ谷プレゼント」係まで
インターネット 東京新聞HP内からお申し込み
https://adv.chunichi.co.jp/chuosen-rr/
締切 2019年11月22日(金)必着
当選発表 賞品の発送をもってかえさせていただきます。
なお、いただいた個人情報は、賞品の発送にのみ使用いたします。

阿佐ヶ谷まち歩きMAP

充実すぎる資料に思わず夢中!

日本のアニメを楽しみながら学べる、アニメの総合ミュージアム。アニメに関する豊富な資料やアフレコの体験コーナー、展示物などで充実しており、世代や国籍を超えて楽しめる。以前、子どもと来たときには並んでいる人が多くて断念した「パラパラ漫画」づくりを体験。思わず夢中になってしまいました!毎回話題になる企画展は、現在「アニメ『忍たま乱太郎』展」が好評開催中(11/24まで)。これは見逃せない!

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム

① 東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム
住所 杉並区上荻3-29-5杉並会館3階
電話 03-3396-1510
営業時間 10:00~18:00 (入館は17:30まで)
定休日 月曜(祝日の場合はその翌日)

「意地」がお店を長く続ける原動力

1927年創業、92年続く老舗の精肉店。学校給食も手掛けており、3代目ご主人のご子息(4代目)も、その給食で育ったという。長くお店を続けられている秘訣を伺ったら、「周りの方々の支えに応えたいという『意地』かな」とご主人。かっこいいなぁ。1日に500個は売れるという人気の「男爵コロッケ」(100円)は、ジャガイモを蒸かしているのがポイント。ホクホクでうま味が凝縮していてめちゃくちゃおいしい!これからもずっと食べ続けたい味!

肉のニシジマ

肉のニシジマ

② 肉のニシジマ
住所 杉並区西荻北2-12-4
電話 03-3390-2886
営業時間 月~金・土曜 9:30~19:30
定休日 日曜・祝日

一本一本、丁寧に手づくり

西荻マイロード商店街に店を構えて45年になる、手づくりハムとソーセージの専門店。ご主人が「おススメ」と太鼓判を押すのは、各種ソーセージをカットしたときに出る端の部分を集めてパンにはさんだ「ソーセージパン」(150円/写真)。いろいろな種類のソーセージが味わえるからおトク!普段家族にお土産ってあまり買わないけど、今日は「一緒に食べたい」と思ったチーズ入りのソーセージ、「ケーゼヴルスト」(100g370円)を購入しました。

手づくりハム・ソーセージ専門店 フランクフルト

手づくりハム・ソーセージ専門店 フランクフルト

③ 手づくりハム・ソーセージ専門店 フランクフルト
住所 杉並区西荻南3-24-1
電話 03-3395-7766
営業時間 10:00~19:00(祝日~18:00)
定休日 日曜

立ち食いスタイルの本格江戸前ずし

産地直送の天然地魚で握る、本格江戸前ずしが味わえる(一貫100円〜)。「屋台のように気軽にすしを食べて欲しい」との思いから、あえて立ち食いスタイルにしたのだそう。葉蘭に乗せて出されるすしは趣があり、小ぶりで食べやすい。日本酒や「すしワイン」(グラス700円)など、アルコール類も充実している。女性の一人客が多いことも納得。メニューは毎日変わるほか、特別メニューが登場するラッキーな日も。次はその日に来たい!

にぎにぎ一 西荻本館

にぎにぎ一 西荻本館

④ にぎにぎ一 西荻本館
住所 杉並区西荻南3-11-8
電話 03-5346-1992
営業時間 月~土曜 16:00(日・祝日14:00)~23:00(L.O)
定休日 年中無休

約12時間かけてコーヒーを抽出

女性店主が約55年前に姉妹で始めた懐かしい雰囲気の喫茶店。店内に入ると、高さ約120cmの水出しコーヒー器がお目見え。水滴がポタポタと落ち、コーヒーが抽出されるまでには約12時間もかかるとか!濃いめのコーヒーは、「すべて自家製」というスイーツにぴったり。食事も充実していて、僕はモーニングメニューのうち「とろーり練乳のミルクトーストセット(生クリーム付き)」(560円/写真)を注文。練乳がパンに染み込んでいてうまい!

それいゆ

それいゆ

⑤ それいゆ
住所 杉並区西荻南3-15-7
電話 03-3332-3005
営業時間 10:00~23:00
定休日 無休

西荻で福井名物を堪能

福井出身の姉妹が営む日本酒とおばんざいのお店。街の雰囲気が気に入ったというこの地に店を構えて4年目になる。お店の入り口には暖簾がなく、入店の際に威勢のいい「いらっしゃいませ!」の声もない。外観は和風なのに、店内はほの暗くバーのよう。これぞ西荻。個性があって楽しいね。福井名物の「へしこ」のしょっぱさは、同じく福井のお酒「梵」に合う。上品な味付けのおでんは、最初の3つまではどれでも600円とお財布にも優しい!

日本酒・おばんざい 梵

日本酒・おばんざい 梵

⑥ 日本酒・おばんざい 梵
住所 杉並区西荻南2-24-7 YT西荻窪 1F
電話 03-5941-7617
営業時間 16:00~23:00
定休日 日曜(第3以外)定休、不定休

本とビールとイベントが融合

1階は本のセレクトショップ、2階の書斎ではビールやコーヒーを飲みながら気軽に読書ができる。西荻在住の店主が「西荻というおもしろい街に関わる仕事がしたい」と脱サラして始めて約1年。店主のこだわりが凝縮している。読書会や本屋スナックなどのイベントを開催するほか、書斎はレンタルスペースとして貸し出している(平日12:00~18:00は1時間2千円)。もし僕がここでイベントを開催するなら、好きな本の話をするかな。みんな来てね(笑)。

BREWBOOKS

BREWBOOKS

⑦ BREWBOOKS
住所 杉並区西荻南3-4-5
営業時間 火~土12:00~22:00(日・祝日~20:00)
定休日 月曜・第2・4火曜

※本記事に掲載している情報は2019年11月1日公開時点のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。