1. 観る・歩く
  2. JAZZを感じる、まち「気になる」、阿佐ヶ谷

JAZZを感じる、まち「気になる」、阿佐ヶ谷

杉並区内のJR中央線沿線(高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪)エリアを紹介する本シリーズ。ナビゲーターは、今年、結成20周年を迎えるロックバンド「ストレイテナー」のボーカル・ホリエアツシさんです。「中央線沿線のまち歩き歴も約20年」というホリエさんが、今回、降り立った駅は阿佐ケ谷。ホリエさんが、どこを訪れ、そこにはどんな出会いが待っていたのか、皆さんもぜひその足跡をたどってみてください。

ホリエアツシと中央線を歩く

ホリエアツシさん
1998年結成の4人組ロックバンド、ストレイテナーのボーカル・ギター・ピアノ。2枚同時発売ベストアルバム『BEST of U –side DAY-』 / 『BEST of U -side NIGHT-』を10/17にリリース。

阿佐ヶ谷の第一印象はパールセンターの衝撃

 阿佐ヶ谷に初めて来たのは「七夕まつり」。お祭りもすごかったけど南口のパールセンターのスケールに圧倒されました。気になる店が無数にあるパールセンターですが、今回お邪魔したのは2軒。老舗和菓子店「とらや椿山」の奥にある喫茶コーナーへ。2人連れのお客さんが座ってると思ったら常連さんとお店の方でした。いいですね、おいしい和菓子とおしゃべりで一息つける場所があるって。

 パールセンターでのランチは念願の「ミート屋」。吉祥寺の姉妹店には行ったことがあるので、これでコンプリート!普段は吉祥寺にいる自家製極太生麺の生みの親、平田社長に偶然お会いできて感激でした。

 パールセンター近くの杉並区役所で「なみすけグッズが買える」と聞いて、行ってみました。気になってたんです、杉並区公式アニメキャラクター。なみすけグッズは思った以上に充実。ぬいぐるみを衝動買いしました(笑)。

商店街ごとに違う魅力
店ごとに表現する個性

ホリエアツシと中央線を歩く

 駅の反対側に出ると全く表情が違う、これも阿佐ヶ谷の魅力。北口のスターロードの飲み屋街もたまらなく好きですが、まだ昼間だし、神明宮へ。ツアー中も神社があればお参りします。長崎出身なので古い教会とか宗教建築が身近だったからかな。神明宮でも地元の人が熱心にお参りする姿を見かけました。

 阿佐ヶ谷の魅力は、昔ながらの古い店が残っているところですが、ニューカマーの気になる店も。お洒落な古本屋「古書コンコ堂」の若いご主人は寡黙なタイプ。でも、レジの近くに女性アイドルのサインがあったので「好きなんすか?」と聞いたらニヤリ。雑貨屋「トイバーガー」の女性オーナーは雑貨愛を語り出したら止まらない。バットマンのマスクを「すごく似合う!」と褒められついつい買ってしまいました。

 日が暮れると商店街に灯りがともり、また表情が変わる。おいしい日本酒とやさしい和食が食べたいときは「酒ごはん屋 あかね雲」。以前、某まち歩き番組で紹介されたのを見て行ってみたらすごくよくて。僕、人見知りなので、初めての店はドアを開けた瞬間「やめとこ」ってなることもあるんです。店との出会いも縁ですよね。「あかね雲」では同じ日本酒は1年に1本しか仕入れないそう。お酒との出会いも縁ですね。

 阿佐ヶ谷は音楽に例えたら、やっぱりジャズ。古い店も新しい店も自由に表現してる。だから楽しみ方も自由な気がします。

阿佐ヶ谷のイベント情報

阿佐谷ジャズストリート2018

阿佐谷ジャズストリート2018

阿佐谷がジャズであふれるジャズに包まれる2日間!

阿佐谷ジャズストリート 実行委員会 実行委員長 渡辺 功一さん

阿佐谷ジャズストリート 実行委員会 実行委員長 渡辺 功一さん

 阿佐谷ジャズストリートは、共通パスポートで入場するパブリック会場と、駅前ステージなどのストリート会場、レストランやカフェなどの店でジャズを楽しむバラエティ会場と3つのパターンで運営されています。

 24回目を迎える今年のキャッチフレーズは、「JAZZを感じる人と街」。ジャズの魅力は、幅広い年齢層の方が楽しめることです。地元の小・中・高校の吹奏楽部から、年配の方まで思い思いに参加していただける2日間。中には、パブリック会場を1日に7つはしごする方もいます。共通パスポートは本当にお得なのでおすすめです。今年は、阿佐谷で青春時代を過ごした世界的ピアニスト山下洋輔さんが、自己のニューヨークトリオ結成30周年記念ツアーの一環として26日に神明宮能楽殿で演奏します。

 24年間途絶えることなくこのイベントを続けてこられたのは、スポンサーに頼らず地元有志が手弁当で運営してきたからこそ、と自負しています。とにかく「生演奏」にこだわり、生のジャズを仲間と共有できる空間を提供することを誇りに今年も開催します。ぜひ阿佐谷の街に来て、観て、聴いて、心で感じてください。

阿佐谷ジャズストリートの紹介ページはこちら

阿佐谷ジャズストリート2018
会場 東京都杉並区阿佐谷地域の中杉通り周辺の65会場
最寄駅 JR中央線「阿佐ケ谷駅」、東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷駅」
出演者 山下洋輔NYトリオ、鈴木良雄、増尾好秋、庄野真代 他
パブリック会場共通
パスポート券
2日パスポート 前売3,800円(当日4,500円)
1日パスポート 前売2,800円(当日3,000円)
問い合わせ 阿佐谷ジャズストリート実行委員会
TEL 03-5305-5075 FAX 03-5305-5074
http://www.asagayajazzst.com/

阿佐谷&ホリエさんからプレゼント!

抽選で合計8名に当たる!

① とらや椿山
大栗まんじゅう(6個入り)

「栗まんじゅうにはちょっとうるさい」というホリエさんも大絶賛の「大栗まんじゅう」は、大粒の国産栗をまるごと白餡に包み焼きあげた絶品!

② ホリエアツシさんサイン入り
ストレイテナー
10/17 2枚同時発売ベストアルバム
『BEST of U –side DAY–』
『BEST of U –side NIGHT–』
を2枚セットで

西荻窪&ホリエさんからプレゼント!

応募方法
ハガキ ①希望商品番号②郵便番号・住所③氏名④年齢⑤性別⑥電話番号⑦上の地図で紹介した7つのお店の中で行ってみたいお店すべて⑧この紙面の感想を明記し、
〒100-8502(住所不要)東京新聞広告二部「阿佐ヶ谷プレゼント」係まで
FAX ハガキと同じ必要事項をご記入の上、
03-3502-7227
東京新聞広告二部「阿佐ヶ谷プレゼント」係まで
インターネット 東京新聞HP内からお申し込み
https://adv.chunichi.co.jp/chuosen-rr/
締切 2018年11月18日(日)必着
当選発表 賞品の発送をもってかえさせていただきます。
なお、いただいた個人情報は、賞品の発送にのみ使用いたします。

ASAGAYA × ATSUSHI HORIE
阿佐ヶ谷まち歩きMAP

阿佐ケ谷の駅を降りれば、中央線と直角に交わる中杉通りのケヤキ並木。
南口に、北口に、大小の商店街が、それぞれの顔で熱烈に出迎えてくれるまち。
歩けば歩くほど、なぜか「気になる」、やけに「気になる」、だから何度でも来たくなる。

阿佐ヶ谷まち歩きMAP

宝探しを楽しめる古書店

西荻窪の音羽館で修業したご主人が営む古本屋。店名の由来は「玉石混交」。芸術関連、古今東西の文学、写真集、漫画までジャンルは多様。木製の本棚が並び、アンティークのおもちゃや看板も飾られていてすごくお洒落。「話しかけてくる古書店主って苦手なので」というご主人が作る空間は、静かで居心地がよく、お客さんは思い思いに本との出会いを楽しんでいました。

古書コンコ堂

古書コンコ堂

① 古書コンコ堂
住所 杉並区阿佐谷北2-38-22キリンヤビル1F
電話 03-5356-7283
営業時間 12:00~22:00
定休日 火曜日

全ての雑貨が主張する

ハンバーガーがモチーフのグッズを中心に、アメリカンポップな雑貨やおもちゃを取り揃えたお店。こんなに商品があるのにひとつひとつが埋もれていないのがすごい!なんでもありなようで「ファンシーすぎるものは置かない」というオーナーのセレクト基準に納得。アメリカの企業ロゴものやキャラクターものも豊富。「バットマンマスク(2,320円)」を買ったので、ライブで使おうかな(笑)。

トイバーガー

トイバーガー

② トイバーガー
住所 杉並区阿佐谷北2-38-23
電話 03-5356-9103
営業時間 12:00~20:30
定休日 月曜日

運気が上がる「神むすび」

阿佐ケ谷駅から徒歩約2分で、こんなにも緑豊かな神社があるとは。ここでユニークなお守りに出会いました。レースブレスレット型のお守り「神むすび(初穂料1,000円)」。手首に巻いたり、バッグにつけてもいいそうです。デザインやカラーも豊富、季節限定アイテムも!僕もかなりの神社好きですが、若い人の間で増えてますよね。この日も社務所には2人連れの御朱印ガールがいました。

神明宮

神明宮

神明宮

③ 神明宮
住所 杉並区阿佐谷北1-25-5
電話 03-3330-4824
営業時間 5:30~17:30(開門時間は季節により異なる)

おいしい日本酒と家庭の味

佐渡島出身の女将さん、ごまさんは唎酒師でフードスタイリスト。天才料理少女の娘さんこごまちゃんは、もう高2!新高円寺から阿佐ヶ谷に移転して2年半。日本全国のお酒を週替わりで仕入れるそうで、カウンターに並ぶお惣菜はどれも日本酒によく合う、やさしいおいしさ。「佐渡の弟が作ったこしひかりをお釜で炊いた」と言われたら、呑兵衛もご飯とおみそ汁までいただいてしまいました。幸せ。

酒ごはん屋 あかね雲

酒ごはん屋 あかね雲

酒ごはん屋 あかね雲

④ 酒ごはん屋 あかね雲
住所 杉並区阿佐谷北2-13-16 マスキビル201
電話 03-4285-6558
営業時間 基本20:00~
定休日 不定休(Twitterで確認を!)

モチモチ極太パスタが激旨

吉祥寺にある「スパ吉」「ヒラタパスタ」の姉妹店でミートソースパスタ専門店。社長の平田さんはケータリングで生パスタを7年売ってお店を始めたそう。トマトとひき肉を4日間煮込んだソースが自家製極太麺に合う!僕は「普通盛(900円)」にモッツァレラチーズ(100円)をトッピングしましたが、平田社長のイチオシトッピングは納豆(50円)!次回はそうします!

モチモチ極太パスタが激旨

モチモチ極太パスタが激旨

モチモチ極太パスタが激旨

⑤ ミート屋
住所 杉並区阿佐谷南1-36-7
電話 03-3315-3104
営業時間 11:00~21:00
(平日15:00~18:00 土日16:00〜18:00 休憩)
定休日 無休

手作り和菓子とふれあいの老舗

大正14年(1925年)創業の老舗高級和菓子店。喫茶スペースで「小倉ホットケーキ(750円)」をいただきました。たっぷりかかった自家製粒あんは、北海道産大納言の豆のおいしさがしっかりしてて、あんこ好きの僕も大満足。名物の「大栗まんじゅう(380円)」は、栗が丸ごと1個入って食べ応え満点。「友達の家に和菓子を食べに行く感覚で寄ってもらえたら」というご主人の言葉通り心和むお店です。

とらや椿山

とらや椿山

とらや椿山

⑥ とらや椿山
住所 杉並区阿佐谷南1-33-5
電話 03-3314-1331
営業時間 9:30~19:00
定休日 無休

杉並区公式アニメキャラクター「なみすけ」に会える

杉並区民になって20年近くなりますが、区役所にこんなショップがあるなんて知りませんでした(すみません)。杉並区の交流自治体の名産品も並び物産展のよう。なみすけグッズもアイテムが豊富でびっくり。クリアファイルは区役所でもらった書類を入れるのにちょうどいいそうです(笑)。ぬいぐるみは1つ持っているのですが、色合いも絶妙な「なみすけ復刻版(1,000円)」をゲット!かわいい。

杉並区役所 コミュかるショップ

杉並区役所 コミュかるショップ

⑦ 杉並区役所 コミュかるショップ
住所 杉並区阿佐谷南1-15-1 杉並区役所1F
電話 03-5378-8833(杉並区交流協会)
営業時間 9:00~16:30
定休日 土曜・日曜・祝日

※本記事に掲載している情報は2018年10月23日公開時点のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。