日常を明るくしてくれる、西荻窪の個性豊かな花屋

こだわりある雑貨店やおしゃれなカフェが並び、若い女性のまち歩きに人気の西荻窪。実は花屋も多く、ドライフラワーやスワッグ(花や葉を束ねて壁にかける飾り)の扱いはもちろん、見たことのないような花が揃っていたり、充実のワークショップが開催されていたりと、個性も様々です。今回は、自宅用にも贈り物にも最適な花を提供してくれる、西荻窪の魅力的な花屋をご紹介します。

  1. HalloGallo(西荻窪駅徒歩3分)
  2. blue water flowers(西荻窪駅徒歩3分)
  3. icca(西荻窪駅徒歩10分)
  4. SIRY(西荻窪駅徒歩3分)

HalloGallo(西荻窪駅徒歩3分)

アンティーク調のインテリアに映えるこだわりの生花


2019年3月にオープンした「HalloGallo」は、生花、鉢物、ドライフラワーを扱う花店。オーナーの成瀬さんは、所沢に花屋をオープンした後、この西荻窪にもお店を開きました。店先でまず目を引くのは、様々な種類の鉢物。中に入ると、「生花は、珍しい種類や他店では扱っていないような品種を仕入れるようにしています」との言葉通り、普段あまり目にしないキングプロテアのマディバなど、珍しい生花が並びます。オススメはブーケ。生花のブーケは予算に応じて制作してくれ、よく出るのは3000円程度のものだそう。また、ドライフラワーのブーケも、色味を抑えたシックで大人っぽい雰囲気で、アンティーク調のインテリアによく馴染み、600円からという価格帯も魅力です。
西荻窪という街は、生活に花や植物が馴染んでいると話す成瀬さん。「週末になると必ずお花を買って行かれる方もいます。暮らしのすぐそばに花や植物がある方が多く住む街という印象です」。観葉植物やハーブなどの鉢物も人気。育て方の相談にも乗ってくれるので、気軽に購入できます。季節によってテーマを変えて行っているというワークショップも大好評。買っても飾っても作ってもいい、いろいろな愉しみ方が可能です。

HalloGallo
住所 杉並区西荻北3-4-1
電話 03-3395-8717
営業時間 11:00〜20:00
定休日 火曜

blue water flowers(西荻窪駅徒歩3分)

エキゾチックな雰囲気で別世界を味わう


西荻窪駅北口を出て伏見通りをまっすぐ進むと、入口からグリーンと多肉植物で溢れるお店が見えてきます。ドアを開けるとそこは別世界。天井からはたくさんのドライフラワーが掛けられ、店の奥にはエキゾチックなカラーの生花が並びます。2002年10月にオープンした「blue water flowers」。「西荻窪は良いものを作れば理解してくれる街。クセの強い店でも受け入れてくれる懐の深さを感じます」と語るオーナーの猪又さんは、生まれも育ちも西荻です。
お店で特に人気なのはスワッグ。ドライはすでに形が決まっていますが、フレッシュな生花の状態から制作したり、ドライフラワーと混ぜて作ったり、完全に乾燥していくまでの過程の変化を楽しめるのが好評だそう。店内の多数のドライフラワーのほとんどは、オーナーの猪又さん自らの手でドライにしています。「初めはお店の飾りとして作っていたものが、いつの間にか商品になりました」。また、「元々葉物が好きということもあるのですが、葉物を入れると奥行きや深みがでるんです」との言葉通り、生花だけでなくフレッシュグリーンも数多く取り揃えています。現在、店舗で開催していたワークショップはオンラインでも開催中。関西や九州からの参加もあり、しばらくは続ける予定でいるそうです。

blue water flowers
住所 杉並区西荻北3-16-2
電話 03-3394-1438
営業時間 10:30〜19:00
定休日 木曜、臨時休業あり

icca(西荻窪駅徒歩10分)

ワークショップが人気のカフェ併設の隠れ家的花屋


2013年5月にオープンの「icca(イッカ)」は、小さな隠れ家的な花屋。カフェ「くろもじ珈琲」が併設された店内には、人気のくすみカラーの生花やスワッグが並び、可憐でニュアンスのある柔らかい色の花が際立ちます。オーナーの西野さんは「『icca』という店名には、一つの花という意味を含んでいます。一輪で絵になるような、可憐な花を取り揃えるよう、仕入れにこだわりを持っています」と話します。オンラインでの注文も多く「送る側の気持ちが受け取る側に伝わるように、お客様ひとりひとりのご要望になるべく寄り添い、アレンジメントを制作しています」との言葉通り、遠方に住む方へのギフトやサプライズとしても喜ばれているそう。自宅用の場合は、活ける花瓶のサイズを確認してからアレンジしてくれるのも嬉しいです。
ワークショップ「花あそび」は、明るく和気あいあいとした雰囲気。初心者にもわかりやすく指導をするのが評判で、リピーターも多いそう。受講者は月に平均で50人ほどで、昨年のクリスマスの時期は180名にもなったのだとか。「西荻窪という街の、人と人との繋がりがちゃんとあるところが好き」という西野さん。駅から少し離れていることもあり、ゆったりとお花を選べる空間です。

icca
住所 杉並区西荻北4-35-10 西荻百貨店内
電話 03-3395-3122
営業時間 11:00〜18:00
定休日 木曜・日曜、臨時休業、夏季休業、年末年始休業あり ※詳細はSNSでご確認ください

SIRY(西荻窪駅徒歩3分)

厳選した仕入れで満足度の高いアレンジメントを


人懐っこい看板犬が出迎えてくれるのは、神明通り沿いに2004年7月にオープンした「SIRY」。アジアン雑貨と柔らかいランプの灯りが、フレッシュな生花が溢れる店内を彩り、居心地の良い空間を作っています。「西荻窪のお客さまはこだわりのある人が多い。その期待に応えたいので、買った方が長く楽しめるよう、長持ちする花、つぼみの状態でも開花しても楽しめるような花など、品揃えを工夫して仕入れているのがこだわりです」と店主の高島さんは話します。人気は、アレンジメントやブーケ。オンラインでの注文も多いそうですが、どんな花を届けたのか知ってもらうよう、依頼主にアレンジメントを撮影して報告しているとのこと。「受け取った方に喜んでいただくことはもちろん、お花を送った方にも『お花を贈る喜びや楽しみ』を感じて頂けるようにしたいと思っています」という、高島さんのきめ細やかな心遣いが嬉しい限り。店内で開催するワークショップも人気なのだそうです。
今回作っていただいたアレンジメントは、生花だけでなく、実や葉物もたくさん使われています。シックなモーブ色のラッピングに包まれて、橙色の実や紅葉のグラデーションが美しく、品のある色味のローズとも好相性。お店の暖かい雰囲気そのままのブーケが街に馴染みます。

SIRY
住所 杉並区西荻南3-7-2
電話 03-3334-2288
営業時間 11:00〜19:00
定休日 木曜

関連記事

※本記事に掲載している情報は2020年10月30日公開時点のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。