大岩食堂(西荻窪駅徒歩2分)

ミールス(大岩食堂)(西荻窪駅)スパイスで身近な食材を生かした南インド料理

「ビリヤニ」はスパイスの香ばしさとバスマティライスの食感が魅力

スパイスで身近な食材を生かす

西荻窪駅高架下「西荻マイロード」に南インド料理をメインとする大岩食堂がある。2014年(平成26)年に南インドカレーの人気店「エリックサウス 八重洲店」から独立して開業した。
店主の大岩さんは、2011年(平成23年)にスリランカを訪問した際、あらためてカレーやスパイスを使う料理の奥深さに魅了された。独立後も試行錯誤を重ねるうちに「パターン(伝えたい味)がわかってきた」そうだ。初めのうちはインドのカレーでよく利用されるマトン(羊肉)など存在感の強い食材も使用していたが、現在は来店客の傾向を踏まえ、身近な野菜などの素材感をスパイスによって引き立てるよう心掛けている。

期間限定、南インドのカルナタカ州のナスの炒めご飯「バンギバス」。茄子とナッツで野菜との相性がよい優しい感じの味わい。

メインメニューは「ミールス」と「ビリヤニ」

大岩食堂のメインメニューは、「ミールス」(米とカレー、副菜が一緒になった南インドの定食)だ。バスマティライス(パラパラした米)、パパド(インドの薄せんべい)、ラッサム(辛味と酸味のスープ)、サンバル(豆と野菜を煮込んだスープ)と野菜の付け合わせが基本で、カレーの種類と好きなおかずを自由に選べる。
火~日曜のランチには、スパイシーな炊き込みご飯「ビリヤニ」も数量限定で提供されている。カレー1種類とライタ(ヨーグルトベースのサラダ)と野菜の付け合わせがセットになっている。基本は「チキンのビリヤニ」だが、週末には旬の素材を利用したビリヤニが提供されることもある。「ミールス」と「ビリヤニ」はテイクアウトも可能だ。

お店の味を自宅で再現できる「スパイスシリーズ」。ウェブサイトにレシピも掲載されているので手軽に楽しめる。アウトドアで使える「レシピ付きキャンプスパイスセット」も人気。

自分が飲みたかった! スパイシーなレモンサワー

サイドメニューのアチャール(スパイスのきいた漬物)は、半熟玉子、鶏レバーなどさまざまな種類があり、食材によって異なる味や食感を楽しめる。他にも、旬の食材を利用した季節ごとのおかずを提供している。純米酒や自然派ワインなどアルコールメニューも充実している。特に「自家製スパイシーレモンサワー」は、大岩さんが仕事を終えて自身が楽しむために考えた一品。国産レモンとクローブ、カルダモン、コリアンダーなどのスパイスをレモンの熟成具合に応じて1~3ケ月ほど漬け込んで作る。

大岩食堂
住所 杉並区西荻南3-24-1西荻マイロード
電話 03-6913-6641
営業時間 11:30-14:30 / 18:00-22:00(木・金・土曜のみ)
定休日 月曜
公式ホームページ https://oiwashokudo.jimdofree.com/
参考 杉並区公式情報サイト「すぎなみ学倶楽部」

関連記事

  • 大衆酒場の貫禄がなみじゃない!大衆酒場の貫禄がなみじゃない! 高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪。まさにここは酒場のテーマパーク。個性的な酒場が軒を連ねる飲み屋街が、あちこちにひしめき合っている。とりわけ紹介する8軒は、どこ […]
  • 日常を明るくしてくれる、西荻窪の個性豊かな花屋日常を明るくしてくれる、西荻窪の個性豊かな花屋 こだわりある雑貨店やおしゃれなカフェが並び、若い女性のまち歩きに人気の西荻窪。実は花屋も多く、ドライフラワーやスワッグ(花や葉を束ねて壁にかける飾り)の扱いは […]
  • プライベート感のあるまち、西荻窪プライベート感のあるまち、西荻窪 ホリエアツシさんと杉並区内のJR中央線沿線(高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪)エリアを歩くシリーズ。最終回はホリエさんが「一番なじみがある」という西荻窪をご紹介 […]
  • 倉嶋紀和子のはしご酒のススメin阿佐ヶ谷倉嶋紀和子のはしご酒のススメin阿佐ヶ谷 呑んで呑んで、呑まれて呑んでのはしご酒。第二回目は、阿佐ヶ谷の町をぶらりふらり酩酊徘徊。阿佐ヶ谷といえば、「阿佐谷七夕まつり」や「阿佐谷ジャズストリート」 […]
  • 泉麻人さんと巡る 荻窪歴史文化スポット泉麻人さんと巡る 荻窪歴史文化スポット 東京をモチーフとした著作を多く持ち、まち歩きの達人として名高いコラムニスト・泉麻人さん。今回は、そんな泉さんと一緒に荻窪の歴史スポットを巡ります。荻窪は、駅南 […]
  • Shin-Koenji Guesthouse(新高円寺駅徒歩13分)Shin-Koenji Guesthouse(新高円寺駅徒歩13分) 女性限定!静かな住宅街で安心に過ごす 駅からは少し離れた住宅街の一角で2017年9月に営業をスタートさせた「Shin-Koenji […]

※本記事に掲載している情報は2022年07月05日公開時点のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。