ママにやさしいカフェがなみじゃない!

ママ友とのランチのほか、子供と一緒の食事会などで活躍するのが、広々とスペースをとったカフェ。どの店も料理が自慢で、お子さまランチから多国籍料理まで、バリエーションが実に豊富。もちろん内装にもこだわり、居心地の良さは抜群。ママ友や家族との有意義な時間を、是非この7店で過ごしてみては。

  1. Baby King Kitchen(高円寺駅徒歩4分)
  2. honohono cafe(高円寺駅徒歩10分)
  3. leaven(高円寺駅徒歩5分)
  4. cafe spile(阿佐ケ谷駅徒歩6分)
  5. INAZUMA CAFE(荻窪駅徒歩5分)
  6. 海南チキンライス 夢飯(西荻窪駅徒歩2分)
  7. DELI CAFE KIKU(西荻窪駅徒歩3分)

Baby King Kitchen(高円寺駅徒歩4分)

子供心をもつママにもピッタリ

「子供心をもった大人が来る店」がコンセプト。店は2階にあるが、階段前のベルを鳴らすと店員が下りてきてベビーカーを運んでくれるので安心。すべてがソファー席なのも未就学児を持つママには嬉しい。お子様ランチ(1,100円)は1番人気のメニュー。ボリュームも多いので親子でシェアするのが◎。子供好きが集まる店なので、ママのおしゃべり中は、たまたま隣に座ったカップルが遊び相手をする様子もよく見られるとか。

Baby King Kitchen
住所 杉並区高円寺北3-2-15-2F
電話 03-5356-9960
営業時間 11:30~4:00
定休日 不定休(お盆・お正月休)

honohono cafe(高円寺駅徒歩10分)

きめ細やかなサービスが嬉しい

優しい女性オーナーが細やかに気配りしてくれる店。未就学児までなら、ジュースをサービスしてくれる。2階にある個室は和室になっており、畳なので子供を直に寝かせることもできる。ママ5人、子供5人までが許容範囲。個室には、子供が飽きないように木馬もある。オススメはフォーとおにぎりのランチ(700円)。子供用の小皿やスプーンなども用意されているので、気兼ねなくたずねて欲しいとのこと。

honohono cafe
住所 杉並区高円寺南3-21-19
電話 03-3318-5100
営業時間 11:30~23:00(ランチタイム11:30~15:00)
定休日 火曜

leaven(高円寺駅徒歩5分)

ほっと一息、田舎風ロッジカフェ

吹き抜けの高い天井。温かく光る白熱電球。大きなアンプとスピーカーからは愉快な音楽。ここは田舎のロッジに遊びにきたような気分に浸れるカフェだ。子供連れでワイワイとするタイプではないが、ママ同士でくつろいだおしゃべりを楽しむのに最適。店長オススメはサンドウィッチ2つとポタージュスープ、サラダの付いたプレート(580円)。また、パンやラスクの販売も行っているので、ちょっとした手土産にもオススメ。

leaven
住所 杉並区高円寺北2-22-11-2F
電話 03-5356-9061
営業時間 12:00-22:00
定休日 月・火曜

cafe spile(阿佐ケ谷駅徒歩6分)

スパイスで笑顔に

「Spice For Smile スパイスで笑顔に」がテーマ。アンティーク家具や壁面に映される白黒映画、心地良い空間作りにこだわった店内は、ついつい長居してしまう。空間を贅沢に使い、テーブルごとの間隔が広いので気兼ねなくベビーカーを置ける。奥のソファー席は、予約する人までいる人気席。区切られているので、個室のようにプライベートな空間が確保できる。子供にも人気なのが、隠し味にスパイスを使ったごま味噌の唐揚げ(570円、セットは920円)。

cafe spile
住所 杉並区阿佐谷南3-4-22
電話 03-6317-7282
営業時間 火14:00~23:00、水~金11:45~16:00・18:00~23:00、土11:45~23:00、日11:45~20:00
定休日 月曜

INAZUMA CAFE(荻窪駅徒歩5分)

漫画家の直筆イラストいっぱいのカフェ

「チェーン店とは覚悟が違う」とご主人が語る、気合いの入ったカフェ。店の特徴は、なんと言っても壁じゅうに描かれた漫画家の直筆イラスト。その数は50を超え、日本一イラストの多い店だとか。2階スペースは8名以上で貸し切り可能。プロジェクターも置いてあるので、子供の運動会の上映会などに使用する人も多い。人気は子供が大好きなものを集めたキッズプレート(702円)。漫画好きにはたまらない、童心に戻れるカフェだ。

INAZUMA CAFE
住所 杉並区天沼3-27-10
電話 03-3220-1720
営業時間 10:00~22:00
定休日 無休

海南チキンライス 夢飯(西荻窪駅徒歩2分)

食材にこだわった絶品チキンライス

海南チキンライス(中:850円)が名物。仕込みに時間のかかる鶏スープで炊いたご飯、蒸し鶏、そして鶏スープと鶏づくしのプレートだ。大中小とお腹の加減に合わせて選べるのも嬉しい。もちろん、お子さま用(700円)も用意されている。片面ガラス張りの店内は明るく、外にはテラス席も用意。昼間の客層は7割が女性だという。ヘルシーで栄養価の高いチキンライスを親子でご賞味いただきたい。

海南チキンライス 夢飯
住所 杉並区西荻北3-21-2
電話 03-3394-9191
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休(年末年始休)

DELI CAFE KIKU(西荻窪駅徒歩3分)

20品目の中から選べるデリスタイル

アメリカ西海岸風のデリスタイルを参考にしたカフェ。店長オススメはミートローフセット(1,230円)。レバー入りのミートローフとデリ2品、パンorライス、スープとドリンクが付く。デリは、家ではなかなか作れないキッシュなどを含む20品目から選ぶことができる。ママには野菜を多く使ったメニューが好評だ。すべてのデリはテイクアウト可能なので、夕食のおかずに買いにくる人も多いとか。ランチタイムはママ率80%のリピーターが多い人気店だ。

DELI CAFE KIKU
住所 杉並区西荻南3-17-4
電話 03-3247-7337
営業時間 11:30~21:00
定休日 水曜、第三火曜

関連記事

  • 倉嶋紀和子のはしご酒のススメin高円寺倉嶋紀和子のはしご酒のススメin高円寺 西荻窪、阿佐ヶ谷、荻窪と巡ってきた中央線沿線はしご酒。最後を飾るは、高円寺。4つの駅の中で、もっとも若人遭遇率の高い、平均年齢若めの町。とはいうものの、高 […]
  • 古本を扱う個性的な店がなみじゃない!古本を扱う個性的な店がなみじゃない! 2000年代以降、“ニューウェーブ古書店”といった言葉が生まれ、かつての古本屋のイメージは刷新され続けている。全国的にも新しいタイプの店が目立つようになってき […]
  • 高円寺フェス10回連続出演のみうらじゅんさんに聞く高円寺フェス10回連続出演のみうらじゅんさんに聞く 「高円寺は日本のインド」という名言を生み出したのは、サブカルの帝王として知られるみうらじゅんさんでした。かつて高円寺に暮らし、そして高円寺を離れ、それでも毎年 […]
  • 倉嶋紀和子のはしご酒のススメin荻窪倉嶋紀和子のはしご酒のススメin荻窪 普通にはしご酒するのみならず、よその町に呑みに繰り出す前にひとり0次会として、 […]
  • 杉浦さやかの女子さんぽのススメin荻窪杉浦さやかの女子さんぽのススメin荻窪 小中高と杉並の浜田山で過ごしていたころ、母と自転車でよく買い物にきていた荻窪。大学を卒業して最初にひとり暮らしをしたのは、このなじみ深い街でした。今は娘の […]
  • ステキなステーキがなみじゃない!ステキなステーキがなみじゃない! 牛ステーキ。すなわち、ビーフステーキ。なんと食欲がそそられる響きではないだろうか。明日への活力に、自分へのご褒美に、大切な記念日に。その活躍の場ははかり知れな […]

※本記事に掲載している情報は2014年08月12日公開時点のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。